高等教育にかかる費用はどんどん高くなっています

高校や大学など義務教育を終えた後の高等教育にかかる費用は、毎年どんどん高くなっています。子供が小さなころから積立をしてきた人でも、毎日の生活の中で十分な教育資金を貯められないというケースは少なくありません。経済的な理由で子供の教育をあきらめたくないという人におすすめなのが、教育ローンという借入ですね。

教育ローンは、銀行から借りることができる他、国の教育支援資金を利用することもできます。国の制度を利用する場合には条件があり、生活保護基準の1.8倍の所得以下、もしくは市区町民税が非課税となる低所得世帯です。

教育ローンは誰が借りるのか?

教育ローンは、子供が自分自身の高等教育のために借りることができる他、子息の高等教育のために親が借りることもできます。どちらの方法でも、借入可能な金額などが変わることはありませんし、子供本人が借りた場合には卒業した後に返済がスタートするので、在学中に返済に追われて学業に専念できないという事態にはなりません。その点は安心ですね。

教育ローンは借りる金額が大きくなるため、複数の借入商品を比較しながらできるだけ低金利で借りるのがおすすめです。また、必要な教育費をしっかりカバーできるローンを見つけることが大切で、学費以外にも生活費をカバーできる借入商品や、書籍や引っ越し、交通費などをカバーしてもOKという借入商品もあります。

メニュー