銀行や消費者金融から借りなくても国から借りられる制度

多くの人が知らないお金の借り方の一つに、国がお金を貸してくれる総合支援資金貸付制度というものがあります。どんな目的でも借りられるというわけではなく、失業して収入がなくなったから生活ができないなど、条件を満たせば借りることができます。

借りられる目的は生活費一般ということになりますが、生活支援費の他には日常生活を再建する際に捻出することが難しいと思われる一時生活再建費、引っ越しを余儀なくされる場合には住宅入居費として敷金や礼金なども借りることができます。

この制度を利用するためには、身分確認ができる事が大前提となるほか、ハローワークなどで真剣に仕事を探していることも条件となります。また、総合支援資金貸付制度以外の公的な支援を受けられない人であることもまた、お金を借りるための条件となります。

いくら借りることができるの?

国からお金を借りる場合には、単身世帯の場合には月に15万円以内、2人以上の世帯になると月に20万円以内と制限されています。また、最長でも12カ月間となっているので、その間に生活を立て直して仕事を見つけることが必要となります。

この制度は贈与ではなくて貸与なので、貸し付けが終了したら6か月以内に返済が始まりますが、返済期間は最高で20年までOKなので、マイペースで返済できるというメリットがあります。返済のために生活が苦しくなる心配がないことは、大きな安心感と言えるでしょう。

メニュー