消費者金融などからお金を借りているとき、どうしても返済できなくなってしまう場合があるかもしれません。一時的な金銭不足の場合もありますし、慢性的な金銭不足で継続的な返済が不可能になってしまうこともあるでしょう。もしお金を返済できなくなったらどうするべきなのでしょうか。

一時的に借りたお金を返済ができなくなった場合

急な冠婚葬祭、病気、怪我などで返済ができなくなったときは、できるだけ早く企業に相談をしましょう。一度借りたお金は毎月決まった日にちに返すのが規則ではありますが、消費者金融によっては多少の融通を利かせてくれる場合があります。問題なく返済をしていくのが一番ですが、病気や災害などどうしようもない理由もあるでしょう。そういった場合はまずは相談をするのが一番です。

遊びすぎて、ギャンブルでお金がなくなって、といった理由だと融通を利かせてくれない可能性がありますが、どうしようもない理由だと消費者金融側も理解を示してくれます。

また、返済ができないからといって、消費者金融に連絡なく返済を遅らせるのは止めましょう。連絡をしないと消費者金融側は、ただ滞納しただけだと思ってしまいます。滞納をすると電話で連絡が行きますし、電話連絡を無視すると他の方法で連絡を取ってきます。いつまでも連絡なく滞納をしたままだと、強制的に一括返済を要求される場合もあるので気をつけましょう。

借りたお金を継続して支払うことができない場合

消費者金融から借りたお金を返済していると生活が成り立たない、リストラされて数ヶ月は無収入の日々が続く、などの理由で返済ができなくなってしまった場合は、任意整理をすることをおすすめします。

任意整理をすることで、現状の借金を返済できる範囲で返済していく形に切り替えることができます。 相談内容次第では、今後の利息を増やすことなく、無理のない範囲で毎月支払うことも可能です。他にも様々な方法での任意整理をすることが出来るので、一度相談をしてみましょう。

任意整理は、弁護士や法律事務所で相談にのってくれます。自分だけでは難しいことなので、必ずプロの意見を聞いてから行ってください。

この際に厄介なのが、マイカーローンや住宅ローンです。 これらは資産を得るための高額ローンですから、もし支払えなくなったら、家を引き払ったり車を手放す可能性も出てきます。

相談方法次第では車や家を手放さずに現状を整理することは出来ますが、借金を支払えない状況になったら家も車も手放すのが基本です。家を買うとき、車を買うときは収入がなくなったときも考えたうえでローンを組みましょう。

メニュー